バッグ・ソファ等、革製品の染め直し・クリーニング・リペア(修理)東京・さいたま市 レザードックわたなべ

新着情報 / ブログ

News / Blog

人気のグッチ(gucci)、バッグやお財布のメンテ依頼が多くなっております

さいたま市南区、さいたま市文化センター(南浦和図書館)前、ブランドバッグや革ジャケット・ソファの染め直し・補修・張り替えの専門店 レザードックわたなべ 店長の渡部 です。 今日はgucci社製品、リペアのお話です。 最近、人気なのでしょうか(私は人気には疎いのですが・・)GUCCI社のバッグやお財布の修理依頼が増えてきたように思います。 お母様の・・・おばあちゃんから譲ってもらって・・ネットオークションで・・メルカリで・・等々、今のデザインとは違って少し凝っているものもご依頼が多くなりました。 補修依頼の内容は様々ですが、昔から一番多いのが内袋のベタつきによる交換の依頼です。 合皮であるのか本革にコート剤を塗っているのか、経年劣化により使用不可の状態で持ち込まれます。 残念ながらオリジナルの修理は難しいため、布地となりますが新規に張り替えさせていただいております。(カラーは選択可) 続いて外装の傷みです。 ハンドル・ショルダー・外周(バインダー・パイピング)・ファスナー周り・本体のスレ、キズ、色褪せ・・・。 著しく傷んでいるものは、その部位だけ同等の革で新規に作成させていただきます。 ではバッグ3アイテムとお財布の補修事例ご紹介します。 アフター 外周(バインダー)はオリジナルのが困難な為、新規に作成。 こちらがビフォー アフター 全面を染め直して完成。 ビフォー ショルダーバッグの例 アフター ビフォー 革部位のみがスレと色褪せ・ファスナーのツマミが欠落しておりましたのでカラーリング補修、ツマミの新規作成。 ハンドバッグの事例 珍しいデザイン。海外で購入とされたとの事でしたが、色落ちとスレ傷でお困りでした。 アフター ビフォー 同色染め直しとコーティングにて、購入時のような状態に。 最後にお財布 アフター フチの部分を中心に傷みあり。こちらは張り替えでなくキズ補修、 のちに革部位のみ染め直し。布地の部位はクリーニング。 ビフォー 今回の事例のようにメンテナンスをしてあげる事により、まだまだ長く使ってあげる事が出来ます。 どうぞお気軽に問い合わせください。 購入後、使用する前にキズがつきにくいように保護コーティング施工をしてあげるのもオススメです。 見積りは完全無料です。 LINEでお友達登録して頂きますとサービス券やお買い物券がゲットできる特典あり https://line.me/R/ti/p/%40pvo4884j 画像を送って私(店長)とLINEで直接やり取りできてお話がスムーズ! ホームページ http://www.leather-watanabe.com さいたま市南区 革製品のリペア工房 レザードックわたなべ 048-699-7201 フェイスブック https://www.facebook.com/leather.watanabe YouTube://www.youtube.com/watch?v=TmypGrwg2 注:当工房はライセンス契約工場ではない為、補修をした製品は改造品扱いとなり今後メーカーのメンテナンスをお受けできなくなる場合がございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。 #キズ補修 #染め直し # 染み #エコ #ameblo.jp #シミ #色あせ #bag #修理 #キズ #リペア #リペイント#東京 #さいたま #補修 #wallet #武蔵浦和 #GUCCI #南浦和#長財布 #saitama #埼玉 #グッチ #浦和 #財布
LINEで送る