バッグ・ソファ等、革製品の染め直し・クリーニング・リペア(修理)東京・さいたま市 レザードックわたなべ

新着情報 / ブログ

News / Blog

合成皮革も綺麗に蘇ります! Paul Smith(ポールスミス)キーケースの事例

さいたま市浦和区、ブランドバッグや革ジャン・ソファーの染め直し・修理の専門店 レザードックわたなべ です。   今日は本革に限らず合成皮革も直せますよ、のお話。   お電話やメールで問い合わせ頂いた際によく訪ねられるのが、   本革じゃないんだけど大丈夫?直る? とか、 本革か合皮か分からないんだけど、合皮だったらダメですよね?等々、 合成皮革は革じゃないからムリ!と思っていらっしゃる方が非常に多いですね。   確かにベトベトしている・ピタピタしている・表皮が手にくっ付いちゃう等の状態(加水分解と言います。高温多湿が原因で朽ちてしまうんです。)だと補修は厳しいけど、大抵の場合は修理・染め直しが可能ですよ。 一度ご持参いただくか画像を送ってね。すぐに判断できるので・・。(^^) ※ただし、バッグの内袋のベタつきの場合は、丸ごと交換してしまうので問題ナシナシ!   というわけで、今日はポールスミスのキーケースの補修(染め直し)の事例のご紹介。 はい、こちらは合成皮革です。 まだ新しいのに白っぽい何かが付着して取れない、とご相談。 根深くキズ(汚れ?)が入り込んで、クリーナーで落とそうにも少し薄くなるくらいで全然ダメでした。 どこか白っぽい箇所にぶつけた際に、相手側の塗料が付いたかな? 表面は本革と違ってウレタン素材のメッシュの型押し加工だから、無理して落とそうとしたらメッシュ柄が傷む可能性が・・・。
アフター

アフター

img_5277

ビフォー 分かりづらいけど小キズが点在。

ビフォー

ビフォー

 
アフター

アフター

img_5360

アフター  内側はキズがつきやすいので、こちらも同色でカラーリングしたうえでコーティング!

  というわけで、今回はムリに落とそうとはせず同色の濃いパープルに染め直し&表面のコーティング施工。 全面の塗装だけどポールスミスの文字はちゃんと残してますよ、大事なとこですからね。 (撮り方が悪いので違う色に見えるけど同じパープルです。)   合成皮革でも本革でも、お困りの際はぜひご相談を。 ブランド品って合成皮革製が多いから、諦めていたバッグやお財布を探ってみましょう! 買ったらすぐにキズがつきにくいように保護コーティング施工をしてあげるのもオススメです。 お気軽に問い合わせくださいませ! 見積完全無料です。 LINEでお友達登録して頂きますとサービス券やお買い物券がゲットできる特典ありhttps://line.me/R/ti/p/%40pvo4884j 画像を送って私(店長)とLINEで直接やり取りができるよ。 ホームページ http://www.leather-watanabe.com さいたま市浦和区 革製品のリペア工房 レザードックわたなべ 048-699-7201 フェイスブック https://www.facebook.com/leather.watanabe YouTube://www.youtube.com/watch?v=TmypGrwg2 #ポールスミス#キズ補修#染め直し#キーケース#ブランド#修理#エコ#PaulSmith#ameblo.jp#シミ#色あせ  
LINEで送る