バッグ・ソファ等、革製品の染め直し・クリーニング・リペア(修理)東京・さいたま市 レザードックわたなべ

新着情報 / ブログ

News / Blog

部分補修もお任せ! バッグの持ち手の傷みをお化粧直しの事例(キタムラのバッグ編)

今日はバッグのハンドル(持ち手)とコバ(持ち手の革を貼り合わせている側面の部位)の部分的な傷みの補修事例のご紹介。 バッグのハンドルって出掛けたらずっと握っている部位です。 長く使っていると汗や手あか、女性なら化粧品やハンドクリーム等でどうしても汚れてしまいますね。 でも、買ってすぐなら少しは気になるけど、だんだん構わなくなっていくものです。 で、気がつくと色が薄けてきてたり擦れてて傷みが目立つようになり・・・。   今日のお客様はオシャレブランド キタムラのバッグ。 オレンジ(牛革 クロコダイル柄の型押し)とこげ茶(ポリエステル製)のツートーンカラー。 持ち手の握る部位あたりを中心に色落ちが目立ち、コバの茶色いところが剥がれてしまってとのご依頼でした。 ビフォー オレンジの型押しの部位、全体的に色落ち(日焼け)とスレ・テカリがありました。    
ビフォー

ビフォー コバの焦げた色の部位がほとんど剥がれ落ちています。

img_3933

ビフォー ナイロン生地(こげ茶色)の部位は非常に綺麗な状態。

       
アフター

アフター

ビフォー

アフター

アフター

   
img_4010

アフター K のマーク周辺は綺麗だったので染めていません。タスキの黒いステッチの外側のみ剥げていたのでカラーリング。

    同色を調合し、丁寧に筆で染め直ししました。 コバ部位はコバ専用溶剤を慎重に筆で・・・。 (筆作業は好きですが、けっこう手間です。) 最後にコーティングをして完成! また使える!と大変喜んでいただきました。 今回の施工金額は15,000円税別とさせていただきました。   いつも自転車のカゴに入れてて気がつくと四隅が傷だらけ・・、当工房のご依頼では上位に入る事例です。(^^) はい、うっかり傷つけることもあれば、気づかないうちにジワジワと傷みが進む場合とがあります。 あらためて、今お使いの革製品のチェックをしてみてくださいね。 あるあるぅ〜のかたは、是非当工房にご相談下さい。 ご連絡お待ちしております。 ラインから画像を送付してのお問い合わせですと、話がスムーズです。 LINE→レザードックわたなべ  で簡単に無料診断を受けることができますよ。 愛のある対応を心がけております。 さいたま市浦和区 革製品のリペア工房 レザードックわたなべ 048-699-7201 http://leather-watanabe.com/ https://www.facebook.com/leather.watanabe
LINEで送る