ソファの傷みでお困りなら、是非ご相談ください。ポルトローナフラウ🇮🇹の施工事例ご紹介

さいたま市南区、さいたま市文化センター(南浦和図書館)前、ブランドバッグや革ジャケット・ソファの染め直し補修・張り替えの専門店 レザードックわたなべ 店長の渡部 です。

今は安価なソファも多数販売されておりますので、傷んだら迷いなく処分される方もいらっしゃいますが、本来家具とは傷んでも修復しながら代々使用していくものなんです。

高価なソファは尚更のことです。

日本では欧州とは異なり、文化の違いとお直し屋さんが周知されていない事もあって、木工家具やソファ・ダイニングチェア等を直して使う方は、残念ながらまだまだ少数なんです。

ご自身の身体はもちろん、家やクルマ・バイクや自転車って傷むと当たり前にメンテナンスをお願いされていると思いますが、ソファや椅子は使い捨てにされている方が多いんです。

時々、市のクリーンセンター(ごみ処理施設)に処分品を持ち込む事がありますが、ソファ・椅子・家具の多い事多い事!! まだまだ使えるのに・・。

いつもビックリします。

直せないかな?直したい!処分しなくても直せるはずだ!もったいない!と、ネット検索をされた方が今このブログを見てくださっているかと思います。

本当にありがとうございます。

家具はメンテナンスをしながら代々使っていただきたいと強く思います!😄😄

長くなりましたが、今日は手入れしながら代々使い続けたい本革ソファを見て欲しい、とご相談を受け、メンテナンスさせて頂きました事例のご紹介です。

ご依頼品は、イタリア製 ポルトローナフラウのクッションソファ、

2人掛け・3人掛け 各1脚ずつです。

高級車のシートにも採用されている🇮🇹のブランドです。

座面のヘタリと汚れ、スレ傷でお困りとの事でした。

色々と教えてご提案させて頂き、以下のとおりメンテする事となりました。

座面の中身は羽毛。かなりヘタっておりましたので、羽毛を補充。

②座面の汚れ・キズはクリーニングだけでは解消しないため、キズ補修染め直し・表面には汚れがつきにくくなるコーティング施工。

背面は、羽毛は補充の必要なし。汚れは座面に比べますと軽度のため、染め直しはしないクリーニング表面コーティング

④ご自宅のベース(土台)、肘置き(革部位)にある少々のスレ傷は、ご自身でタッチアップしていただけるよう、今回調合したカラー&配合溶剤をプレゼント。🎁

なお、背面と座面はセパレートクッションの為、持ち込み・お引き取り頂きましたので、配送費も掛かりませんでした。

それでは施工事例(ビフォーアフター)のご紹介です。

ビフォー

施工途中

クリーニングののと、パテで丁寧にキズを埋めていきます。
このキズは少し跡が残りそうです。

全体が赤黒く汚れがしみこんでいましたので、明るめのカラーから徐々に吹き付けていきます。

徐々にオリジナルのカラーに近づけて・・・
キズやシミは大半消えました。
裏の布地はしっかり養生。

ここからアフター

背面も一緒にコーティング施工した事によって、光沢が揃いました。

今回の事例のように、処分しなくてもメンテナンスをしてあげる事で、まだまだ長く使ってあげる事が出来ます。

どうぞお気軽に問い合わせください。

購入後、使用する前にキズがつきにくいように保護コーティング施工をしてあげるのもオススメです。

見積りは完全無料です。近県は引き取り・納品いたします。

LINEでお友達登録して頂きますとサービス券やお買い物券がゲットできる特典あり

https://line.me/R/ti/p/%40pvo4884j

画像を送って私(店長)とLINEで直接やり取りできてお話がスムーズ!

ホームページ
http://www.leather-watanabe.com

さいたま市南区

革製品のリペア工房
レザードックわたなべ
048-699-7201
フェイスブック
https://www.facebook.com/leather.watanabe

YouTube://www.youtube.com/watch?v=TmypGrwg2

#椅子 #キズ補修 #染め直し # 染み #チェア修理 #リクライニング #エコ#ameblo.jp #シミ #色あせ #ダイニングチェア #修理 #キズ #リペア #ポルトローナフラウ #断捨離 #さいたま #補修 #張り替え #革 #本革 #革 #leather repair #poltronafrau #羽毛補充 #イタリア #ソファ #🇮🇹

本革のビジネスバッグ、使い捨てにされていませんか?BALLY(バリー)の事例

さいたま市南区、さいたま市文化センター(南浦和図書館)前、ブランドバッグや革ジャケット・ソファの染め直し・補修の専門店 レザードックわたなべ 店長の渡部 です。

今日はお仕事で毎日酷使するビジネスバッグ、高価だったにもかかわらず傷んだらポイッっと捨てていませんか?のお話。

お気に入りのビジネスバッグ、気に入っているからヘビロテする事が多いかと思います。

どうしても長く使っていると汗や汚れ、色褪せやキズ等で傷みが出てきます。

今回のご依頼はBALLY。

上質の革を使用した製品が定評のスイスのブランド。

実は私もBALLYの大ファンで、多数所有しております。(^^)

ご依頼のバッグはショルダー紐の根元の革(根革=ねかわ)千切れと、本革の表面の傷みがありご相談いただきました。

根革は新規に作り替え、本体はオリジナルに近いバリーチョコ系のカラーを調合し(このカラーはご依頼が多い為、ストックあり)、キズ補修&同色染め直し&コーティング施工とさせて頂きました。

では施工事例のご紹介です。

ビフォー

ここからアフター

今回の事例のように、メンテナンスする事によってまた長く使用する事が出来ますので、どうぞお気軽に問い合わせください。

購入後、使用する前にキズがつきにくいように保護コーティング施工をしてあげるのもオススメです。

見積りは完全無料です。

LINEでお友達登録して頂きますとサービス券やお買い物券がゲットできる特典あり

https://line.me/R/ti/p/%40pvo4884j

画像を送って私(店長)とLINEで直接やり取りできてお話がスムーズ!

ホームページ
http://www.leather-watanabe.com

さいたま市南区

革製品のリペア工房
レザードックわたなべ
048-699-7201
フェイスブック
https://www.facebook.com/leather.watanabe

YouTube://www.youtube.com/watch?v=TmypGrwg2

#BALLY #バリー #BALLYBAG #キズ補修 #染め直し # 染み #長財布 #SAITAMA #エコ#ameblo.jp #シミ #色あせ #bag #修理 #キズ #リペア #リペイント#断捨離 #さいたま #補修 #バリー #ビジネスバッグ #財布